ホーム > 現金化 > ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化について

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化について

ショッピング枠で購入した商品を売却するなどして現金を得る行為を、クレジットカード現金化といいます。

総量規制によって、金融機関などから年収の3分の1を超える借入ができないように定められています。

一方、ショッピング枠が使える本人名義のカードと身分証明書があれば、クレジットカード現金化が行えます。

したがって、金融機関からの借入の経験がある人や主婦層から注目されています。

自分で行う方法と業者に依頼する方法がありますが、自分で行う場合はやり方次第で高い還金率を得ることができます。

ゲーム機や商品券やブランド品などは比較的換金率が高くなります。

人気の商品券の場合には、買取価格が額面の95%以上になる場合もあります。

ただし、マメに情報収集を行わなければ、買取価格が二束三文になることも少なくありません。また、自分で行う場合にはカード利用停止になるリスクが高いです。

カード会社は換金率の高い商品に目を付けています。

ショッピング枠で購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるので、代金を完済するまで転売することは認められていません。

これは、友人から借りた本やゲームソフトを、友人の許可なく買取店に売りに行くのと同じ行為にあたります。

クレジットカード現金化は、業者に依頼した方がカード利用停止になるリスクが低くなります。

ただし、換金率の相場は80%程度なので損をすることになります。

即日に現金を得ることも可能なのでお金が必要な人にとっては便利ですが、多重債務に陥らないために計画的に行うことが大切です。

以下のサイトも参考にしてください

ネオギフト 評判


タグ :